「仕事が終わったら」BORO


 感涙もの。この頃のBOROのアルバムは全部持っていた。野太い声でありながら、軽やかなスキャットに悩殺された。これは確か『SOUND OF HEART』に収録されていた曲。尚、『BOY』以降はまるでダメになったというのが私の評価だ。きっと曲作りに迷いが生じたのだろう。飽くまでもレゲエの路線で行って欲しかった。とにかくスキャットに耳を傾けてもらいたい。天才的なリズム感の持ち主だ。