2011-03-27から1日間の記事一覧

生きる力

すべてがその静寂の中で止まった。死ぬ前の最後の鼓動であり、生命の次の鼓動だ。わたしは家の中に一人きりでいた。一人で待っていた。自分の人生の先端で待ち、まるで世界全体が宇宙の峡谷の崖っぷちで息を止めているようだった。何かが起こりそうで、子供…

東京電力の隠蔽体質

同社(※東京電力)は1971年に福島で最初の原発を稼動させて以来36年、これまで大小幾多の事故を起こしながら、小規模であれば「軽微で安全性に問題なし」、放射能を漏らしても「人体に影響なし」を繰り返し、重大事故は隠してきた。それによって官僚同様、自…

黙斎を語る会

黙斎を語る会

日常のリスク

『衰退するアメリカ 原子力のジレンマに直面して』アラン・E・ウォルター/高木直行訳(日刊工業新聞社、1999年)

チェルノブイリ原発 隠されていた事実

序盤 チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染

東電のカネに汚染した東大に騙されるな!

寄付講座だけで、東電は東大に5億円も流し込んでいる。一方、長崎大学は、その買収的な本性に気づき、全額を東電に突き返した。水俣病のときも、業界団体は、東大の学者を利用して世論操作を行い、その被害を拡大させてしまっている。いま、同じ愚を繰り返し…

「やつらの足音のバラード」ちのはじめ

何にもなくったって、またやり直せるさ。

宮城県亘理郡在住『K』の手記

PADDY - ONE

『吉祥天女』吉田秋生(小学館文庫、1995年)

昔々、天女が地上に降り来たり、神官の息子と夫婦になった……。伝説的な由来をもつ叶家の娘・小夜子が街に帰ってきた。17歳。凄絶な美貌。地に囚われた自らの運命を呪う少女。そして転入先の高校には、叶家の財をねらう遠野家の暁と涼がいた。陰謀渦巻くこの…