東電のカネに汚染した東大に騙されるな!

 寄付講座だけで、東電は東大に5億円も流し込んでいる。一方、長崎大学は、その買収的な本性に気づき、全額を東電に突き返した。水俣病のときも、業界団体は、東大の学者を利用して世論操作を行い、その被害を拡大させてしまっている。いま、同じ愚を繰り返してはならない。


純丘曜彰〈すみおか・てるあき〉大阪芸術大学芸術学部哲学教授