2011-03-20から1日間の記事一覧

喧嘩のできる中東研究者/『書物の運命』池内恵

普段は殆ど注目されることのない分野から、いきなり頭角を現して世間の耳目を集める本がある。藤原正彦や福岡伸一など。池内恵もその一人に加えられる人物である。 池内は1973年生まれ。私自身が40代後半になったせいもあるが、やはり若く感じる。時代が激し…

J - Walk along

J-Walkの「along」という曲かと思いきや、Jというミュージシャンの「Walk along」という曲であった(笑)。野太い声とグルーブ感のあるアレンジがグッド。

不動産投資に失敗した大前研一

大前研一の評価が上がっている。そこで別の顔も紹介しておこう。 大前研一ライブ 1 大前研一ライブ 2 ゴールドコーストでの不動産投資のぼろ儲けに眼をつけて、この頃、遅ればせながら、と参入してきた人がいる。「国際経営コンサルタント」の大前研一だった…

スティグマ=烙印

【スティグマ】という言葉を用いたのは、明らかに、視覚の鋭かったギリシア人が最初であった。それは肉体上の徴(しるし)をいい表す言葉であり、その徴は、つけている者の徳性上の状態にどこか異常なところ、悪いところのあることを人びとに告知するために…

「生まれ来る子供たちのために」オフコース

多くの過ちを 僕もしたように 愛するこの国も 戻れない もう戻れない あのひとがそのたびに 許してきたように 僕はこの国の 明日をまた想う

clammbon feat. ILL-BOSSTINO - あかり from HERE (Live)

アジテーターと巫女(みこ)が織りなす完全な宗教世界。覚醒と覚醒剤との紙一重の世界を漂う。そしてラブ&ピースの余韻が宇宙を振るわせる。 「あかり from HERE」clammbon feat.THA BLUE HERB Tha Blue Herb Clammbon