ウィリアム・テルが息子の頭上に乗せられたリンゴを射抜いた日


  今日はウィリアム・テルが息子の頭上に乗せられたリンゴを射抜いた日(1307年)。中央広場に掲げられたヘルマン・ゲスラーの帽子に頭を下げることを拒否したために逮捕。テルは息子の頭の上の林檎を矢で射るか、それとも死ぬかを選択させられる。後にテルはゲスラーを暗殺。スイス独立に結びつく。


ウィリアム・テル伝説 ある英雄の虚実