2008-04-10から1日間の記事一覧

『長谷川恒男 虚空の登攀者』佐瀬稔

書き出し部分が読みにくい。ワンセンテンスが長く、文章の行方がわからなくなる。リベラルな立場に固執してどっちつかずになるのが筑紫哲也だとすれば、客観を重視して不要な短所を盛り込んでしまうのが佐瀬稔だ。 佐瀬のノンフィクションはクライマーとボク…