古本屋の覚え書き

「ただ独り、不確かな道を歩め」エリアス・カネッティ

「人類は全員」米国債の空売りを−ブラック・スワン著者

 2007年に出版されベストセラーとなった経済書ブラック・スワン」の著者、ナシーム・タレブ氏は、「人類は全員」米国債空売りすべきだと発言した。米連邦準備制度理事会FRB)とオバマ政権の政策が理由。
 同氏はモスクワでの会議で、米国債空売りに「深い思考はいらない。人類は全員、この取引をすべきだ」と語った。バーナンキFRB議長とサマーズ米国家経済会議(NEC)委員長が同職にある限り、投資家は年限が長めの米国債の利回り上昇(価格は下落)に賭けるべきだと述べた。具体的な政策には言及しなかった。
 タレブ氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「赤字というのは子供の手に持たせたダイナマイトのようなものだ。あっという間に手に負えなくなる」と指摘。「米国の問題は、依然として非常に高水準の負債が政府債務に転換され続けていることだ」と解説した。「今年は昨年よりさらに悪い状況になった。米国でも欧州でも、雇用者数は減少し債務は増えている」と語った。
 金融危機を受けた質への逃避で米国債相場は2008年に14%上昇。バンク・オブ・アメリカBOAメリルリンチによれば、昨年は3.7%下落し、今年これまでは1.17%高。4日はギリシャポルトガル、スペインなど欧州の財政赤字への懸念を背景に、米国債相場は値上がりした。
 タレブ氏は「民主主義の下で財政規律を順守するのは難しいものだ」と論評。「われわれは深刻な問題に直面することになるだろう」と付け加えた。


ブルームバーグ 2010-02-04


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質 ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質