激動の世界はもうスタートしている。独裁者殺しの次は何か

 ここまでの話をまとめるとこうなる。


 チュニジア 1月15日、ベンアリ政権崩壊
 エジプト  2月11日、ムバラク政権崩壊
 アルカイダ 5月1日、ビンラディン死亡
 リビア   10月20日カダフィ大佐死亡
 シリア   アサド政権 弾圧継続
 イエメン  サレハ政権 崩壊寸前
 イラン   アフマディネジャド政権、経済封鎖


 もちろん、シリアもイエメンもイランも、まだ何の決着がついていない以上は、崩壊する前提で物事を見ていると当てが外れる可能性もある。
 しかし、こうやって見るとイスラムの「象徴」が次々に抹殺されていることに気がつく。


Darkness of ASIA