日本音楽事業者協会は暴排条例に淘汰される芸能プロの「楯」になれるのか?

 実は、警察の一部もまた、音事協の中核を成す「暴力団と慣れあう芸能プロ群」と癒着関係にあり、日常の接待饗応を受け、情報を交換、引退後の再就職の世話までしてもらっている。


週刊メールジャーナル 2011-10-12