実質増強? 東京地検特捜部

 大阪地検特捜部による証拠改ざん・隠ぺい事件等一連の検察不祥事を受けて、検察改革が進んでいる。中でも注目されるのが「史上最強の捜査機関」といわれてきた東京地検特捜部の改革。独自捜査体制の縮小がその中核だが「質の向上が図られ、実質的には増強となる」と検察幹部は明かす。特捜経験の長い笠間治雄検事総長のしたたかな一面ものぞく。


『リベラルタイム』11月号