医師は自殺しやすく、精神科医はさらに自殺しやすい

 医師の自殺率は高い。1980年代前半の英国における医師の自殺率は、一般人口に比べて、男性で3倍、女性で6倍である。(中略)1967年から1972年の米国では、精神科医の自殺率は、他の医師の2倍である。


ホツマツ○ヱ。

「統計的な数字はないが、全診療科目のなかで、自殺率は精神科医が最も高い、というのが医師の間では常識となっている」


現代人のための宗教 ユング心理学 悟りへの道