被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ 僕の浅はかな経験談