『人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス』フロイト/中山元訳(光文社古典新訳文庫、2008年)



人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス (光文社古典新訳文庫)

 人間には戦争せざるをえない攻撃衝動があるのではないかというアインシュタインの問いに答えた表題の書簡と、自己破壊的な衝動を分析した「喪とメランコリー」、そして自我、超自我エスの三つの審級で構成した局所論から新しい欲動論を展開する『精神分析入門・続』の2講義ほかを収録。