河口慧海が生まれた日


 今日は河口慧海〈かわぐち・えかい〉が生まれた日(1866年)。黄檗宗(おうばくしゅう)の僧。仏教学者にして探検家。中国や日本に伝承された漢訳仏典に疑問をおぼえたことが発端となって、仏典の梵語原典とチベット語訳を入手しようとして、日本人で初めてチベットへの入境を果たした。帰国後『西蔵旅行記』(『チベット旅行記』)を発表。


チベット旅行記(1) (講談社学術文庫 263) チベット旅行記(2) (講談社学術文庫 264) チベット旅行記(3) (講談社学術文庫 265) チベット旅行記(4) (講談社学術文庫 266)


チベット旅行記(5) (講談社学術文庫 267) 河口慧海日記 ヒマラヤ・チベットの旅 (講談社学術文庫) 評伝 河口慧海 (中公文庫) チベット滞在記 (講談社学術文庫 1946)