白洲正子が生まれた日


 今日は白洲正子が生まれた日(1910年)。夫は白洲次郎。幼少期より梅若流の舞台に上がり能の造詣が深く、青山二郎小林秀雄の薫陶を受け骨董を愛し、日本の美についての随筆を多く著す。梅原龍三郎や、晩年は護立の孫で元首相の細川護熙河合隼雄多田富雄などの理系学者との交友もあった。


白洲正子自伝 (新潮文庫) 西行 (新潮文庫) 古典の細道 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) 能の物語 (講談社文芸文庫)