古本屋の覚え書き

「ただ独り、不確かな道を歩め」エリアス・カネッティ

『ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータが人類の知性を超えるとき』レイ・カーツワイル/井上健、小野木明恵、野中香方子、福田実訳(NHK出版、2007年)



ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき

 2045年……コンピュータの計算能力が全人類の知能を超えた瞬間、「特異点」を迎えた人間文明は指数級数的な進化の過程に入る。人間の脳はリバースエンジニアリングによる解析が終了し、生物としての人間を超える強いAIが誕生する。遺伝子工学ナノテクノロジー、ロボット工学の進化により、人体は拡張され、ナノボットが体内を駆けめぐり、われわれは不死の体=身体ver.2.0を手に入れる……。映画『マトリックス』を超える驚愕の未来予測。Amazon.com 2005年ベスト・サイエンスブックにしてNHK『未来への提言』でも紹介された全米で話題沸騰のベストセラー『The Singularity is Near』(原題)ついに邦訳版刊行!