『現代科学論の名著』村上陽一郎編(中公新書、1989年)



現代科学論の名著

「科学とは何か」をラディカルに問う名著12冊のブックガイド。ホワイトヘッド『科学と近代世界』、バシュラール『否定の哲学』、シュレーディンガー『生命とは何か』、マンハイムイデオロギーユートピア』、ウィトゲンシュタイン論理哲学論考』、ポパー『推測と反駁』、ハンソン『科学的発見のパターン』、クーン『科学革命の構造』、ファイヤーベント『方法への挑戦』、サックレー『原子と諸力』、大森荘蔵『物と心』、広重徹『科学の社会史』。