マッチポンプ

「彼らは自分の家へ勝手に火をつけておいて、こんどは、それに水をぶっかけて消そうとしたんです。そして、消しそこねると、その責任を火に負わせたんです」


【『スカラムーシュラファエル・サバチニ/大久保康雄訳(創元推理文庫、1971年)】


スカラムーシュ (創元推理文庫 513-1)