ジェノサイドによる死体は鳥たちへの贈り物だった

 マナセはルワンダで殺されたのが「わずか100万人」だと聞いて驚いたという。「ここだけで何人が殺されたか、何人が鳥に食われたか」実際、ジェノサイドによる死体は鳥たちへの贈り物だった。だが、鳥たちは生存者たちを助けてもくれた。山火事から逃げ出した動物たちをあさる猛禽類とハゲタカが火事の最前線を空に作るように、絶滅作戦のあいだのルワンダでは、虐殺現場の上空で沸騰するノスリ、トビ、カラスの群は空に描いた地図となって、森に逃げて生きのびたサミュエルやマナセらに「立入禁止」区域を告げてくれたのだ。


【『ジェノサイドの丘』フィリップ・ゴーレイヴィッチ柳下毅一郎〈やなした・きいちろう〉訳(WAVE出版、2003年)】


ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実