丸山健二新刊『猿の詩集』(文藝春秋、2010年)



猿の詩集〈上〉 猿の詩集〈下〉

 時は第2次世界大戦中。南方の激戦地にて眉間を撃ちぬかれた男の魂が、1匹の猿に乗り移る――。あの戦争を超越的な視点から語りつつ、そこに生きる市民、権力者、そして天皇の在り方をも論じる異色の超大作です。文章を読点によって長く続けるという、特異な文体が放つ異様さもさることながら、日本の戦後と全身全霊で向き合い、批判していく本作は、まさに「圧倒的」の一言に尽きます。約2年ぶりとなる著者の長編小説は、丸山ファンだけでなく、「昭和」を生きた人たちに是非読んでほしい1冊です。