江副浩正、岡真理、イーブリン・ブロー


 2冊挫折、1冊読了。


 挫折43『リクルート事件・江副浩正の真実江副浩正〈えぞえ・ひろまさ〉(中央公論新社、2009年)/江副は人がよすぎる。だからこそ検察に付け込まれたのだろう。トーンが穏やかすぎて読む気が失せた。


 挫折44『記憶/物語』岡真理(岩波書店、2000年)/タイトルと著者名だけで私にとって読まずにはいられない作品である。だが、1ページも読むことなく放り投げてしまった。横書きだったのだ(涙)。しかも岩波書店の横書き本は、句読点を「,」「.」と表記しているので断じて許し難い。私はよほどのことがない限り、横書きの本は読まない。ついでに言っておくと、やたらと改行の多いブログやホームページの類いも読まない。


 87冊目『回想のクリシュナムルティ 第1部 最初の一歩……』イーブリン・ブロー/大野純一訳(コスモス・ライブラリー、2009年)/クリシュナムルティ本37冊目の読了。著者は『変化への挑戦 クリシュナムルティの生涯と教え』でホスト役を務めた女性で、クリシュナムルティアメリカ財団の理事。映像からは傲慢の臭いがプンプン漂っていた。他の登場人物がおしなべて誠実な笑顔で語っているため、傲慢な感じが際立っていた。星の教団時代のクリシュナムルティにやたらと注目する連中を私は「神秘派」と名づける。2部構成の著作の半分を星の教団時代に割いていることからも、イーブリン・ブローが神秘派であることは明らかだ。神秘派はクリシュナムルティを無意識のうちに神格化する傾向が強い。本書で注目すべきはクリシュナムルティの詩が紹介されていることである。これは私も初めて知った。大野純一が36ページもの「あとがき」を書いて、一生懸命自社(コスモス・ライブラリー)刊行本の営業に励んでいる。自分の行為がクリシュナムルティの精神と懸け離れていることに、まだ気づいていないようだ。