米軍ヘリが記者を銃撃、当時の映像がネットで公開に

 イラクで2007年、ロイター通信のフォトジャーナリスト2人が米軍のヘリコプターに銃撃される場面を映したとされる映像が5日、インターネットで公開された。2人のうち1人は、救出されてワゴン車に乗せられるところで再度銃撃され、死亡したとみられる。
 この事件は07年7月、イラクの首都バグダッドで米陸軍ヘリがロイター通信のフォトジャーナリストを武装集団だと思い込み、この2人を含む12〜15人を射殺したとされる。
 今回の映像は上空から撮影されたもので、匿名で提供された文書や映像などの資料を公表しているウェブサイト「WikiLeaks」に掲載された。地上にいる数人が機関銃で撃たれ、フォトジャーナリストとみられる1人が死亡。また、負傷した様子で路上に横たわっていたもう1人のフォトジャーナリストとみられる男性が、数人に助けられてワゴン車に運び込まれるところを再度銃撃を浴びる様子も映っていた。
 米国は当時の調査で、ヘリコプターの兵士がフォトジャーナリストの持っていたカメラを武器と勘違いして射撃したと結論付けている。陸軍広報は5日に出した声明で改めて「部隊は2人の記者がいることに気付かなかった」と釈明、「罪のない命が失われたことは遺憾だが、この件については直ちに調査がなされ、事実を隠蔽しようとしたこともない」と述べた。
 非営利組織(NPO)のジャーナリスト保護委員会によると、イラクの戦争では7年間でジャーナリスト139人が死亡し、そのうち約120人をイラク人記者が占めている。


CNN 2010-04-06