マルコムXの暗殺

 教団はマルコムの暗殺指令をメンバーに下した。教団内のFBI工作員は教団からマルコムの自動車に爆弾を仕掛けるように指示された。1965年2月14日に、ニューヨークの彼の自宅は教団メンバーによって爆弾で攻撃されたが、マルコムと彼の家族は無事だった。
 1週間後の2月21日、マンハッタンのオードゥボン舞踊場でマルコムがスピーチを始めたとき、騒動が400人の群衆の中で発生した。男が「俺のポケットから手を離せ! ポケットにさわるな!」と叫んだ。マルコムのボディーガードが騒動に対処しようとしたとき、男は前に突進し、短い散弾銃をマルコムの胸に向けて発射した。さらに他の2人がステージに素早く近づき、マルコムに短銃を発砲した。マルコムは15発の銃弾を受け、コロンビア長老教会病院に運ばれたが死亡が確認された。


Wikipedia








完訳マルコムX自伝 (上) (中公文庫―BIBLIO20世紀) 完訳マルコムX自伝 (下) (中公文庫―BIBLIO20世紀) マルコムX [DVD]