日米密約:3密約確認 元駐米大使・東郷氏の大量メモ決め手に


 息子の東郷和彦は外務省で佐藤優の上司だった人物。

 60年安保改定や沖縄への核再持ち込みを巡る三つの「密約」の交渉過程が9日に公表された外交文書で明らかになったのは、当時の担当者だった東郷文彦元駐米大使が残した大量の記録によるところが大きい。東郷氏は安保改定交渉時に外務省安全保障課長、69年の沖縄返還交渉時はアメリカ局長を務めた。
 68年、東郷氏は核兵器搭載艦船の寄港を認めた密約の経緯をメモに記した。メモは政府内の共通認識として外務省幹部に引き継がれ、歴代首相、外相への説明に使われた。沖縄返還を巡り、69年には日米首脳会談直前の佐藤栄作元首相と外務省幹部の打ち合わせ記録なども残した。
 東郷氏は、義父が太平洋戦争開戦時の外相の茂徳氏、次男が元オランダ大使の和彦氏という外交官一家。


毎日jp 2010-03-10