アル・セッケル


 1冊読了。


 13冊目『錯視芸術の巨匠たち 世界のだまし絵作家20人の傑作集』アル・セッケル/坂根巌夫訳(創元社、2008年)/何と日本人が二人取り上げられている。福田繁雄北岡明佳。日本での知名度も高いが、よもや世界の巨匠とは知らなかった。ネット上の画像をあちこち探し回ったので、書評にて紹介する予定。圧巻は、ケン・ノールトンのモザイク画と、ビック・ムニーズの小物マジック。まあ凄いよ。「騙される快感」に打ち震えること間違いなし。