鹿児島県阿久根市の竹原信一市長の障害者ブログ問題

阿久根市長ブログ障害者記述 「生命の尊さ軽んじている」 医療福祉4団体謝罪求める 鹿児島


 鹿児島県阿久根市竹原信一市長が、自身のブログ(日記風サイト)に障害者の出生を否定するような記述をした問題で、福祉・医療従事者らでつくる県内4団体は9日、謝罪を求める声明を市長に郵送した。
 4団体は、県ソーシャルワーカー協会と県医療ソーシャルワーカー協会、県精神保健福祉士協会、県社会福祉士会。
 声明は「障害者の生きる権利や幸福を追求する権利を否定し、人間の生命の尊さをあまりにも軽んじている」と批判。障害者や家族、関係者に与えた心の傷は大きいとして謝罪を求めている。
 9日は1975年に「障害者の権利宣言」が国連総会で採択された日で「障害者週間」(12月3−9日)の最終日に当たる。県社会福祉士会は「市長の立場での発言が、障害者や関係者に、より大きなショックを与えることを認識してほしい」としている。
 竹原市長は11月8日付のブログに「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰(とうた)された機能障害を持ったのを生き残らせている」などと記述。「『生まれる事は喜びで、死は忌むべき事』というのは間違いだ」とも主張し、障害者団体などから批判が相次いでいる。

西日本新聞朝刊 2009-12-10

障害者ブログ問題 阿久根市長、謝罪拒む 市議会一般質問 問題提起と強弁


 鹿児島県阿久根市竹原信一市長が自身のブログで障害者を差別的に記載している問題が14日の市議会一般質問で取り上げられ、市議が謝罪を求めたのに対し、竹原市長は「謝罪する気持ちはない」と突っぱねた。市民からは「謝ってほしかった。残念だ」と失望する声が上がった。
 市長は11月8日付のブログに「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰(とうた)された機能障害をもったのを生き残らせている」などと記述。障害者団体が「障害者や家族の心を土足で踏みつけにした」などと抗議文を提出したり、全国から市役所に抗議電話やメールが殺到したりしている。


西日本新聞 2009-12-14

障害者ブログ問題 傍聴者から批判続出 阿久根・竹原市長の謝罪拒否答弁 発言擁護する議員も


 鹿児島県阿久根市竹原信一市長の障害者ブログ問題は14日、市議会で謝罪を求める一般質問が相次いだが、竹原市長は「この問題は社会全体として考える必要があり、謝罪することは反対方向に進む」と答弁し、謝罪を拒否した。これに対し、市議や傍聴者の間では賛否が分かれた。


西日本新聞 2009-10-15