映画『THE WAVE』

 普通の高校生が、軽い気持ちで参加した実習だった。テーマは「独裁制」。生徒から指導者に選ばれた教師が提案したのは、指導者に「様」をつけるなどのいくつかのルールだけ。戸惑っていた生徒も自分の役割に夢中になる▼心地よい集団の一体感。暴走し始めた熱狂はやがて制御不能に陥る……。ドイツで昨年240万人を集客、日本で公開中の映画「THE WAVE」は、1960年代の米国の高校で実際にあった心理実験が基にある▼映画を見て、サリン量産プラントの建設にかかわった30代のオウム真理教元幹部を思い出した。彼は同じ実験授業を題材にしたビデオを通じて、マインドコントロールの意味を理解できたと語っていた▼オウム事件を知らない若い世代が増える中、事件を象徴する元幹部にきょう最高裁で判決が言い渡される。元「諜報(ちょうほう)省」トップの井上嘉浩被告(39)。16歳で入信、「天才的修行者」と教祖に持ち上げられた若者だ▼彼のように死刑判決を受けた元幹部の多くは、「自分探し」の中で教団に出会い、汚い現世に生きる人たちを救いたいという究極の「善意」から殺人まで犯したように見える▼罪を悔い、極刑を覚悟する彼らを、私たちとは別世界の特別な人たちと言い切れるのか。「鬼畜米英」を叫ぶ国民が、日米開戦を熱烈に支持してから、まだ70年もたっていないのだ。


筆洗/東京新聞 2009-12-10

THE WAVE ウェイヴ [DVD]
THE WAVE ウェイヴ [DVD]
posted with amazlet at 18.10.21
アットエンタテインメント (2010-04-28)
売り上げランキング: 15,235