『私とマリオ・ジャコメッリ 「生」と「死」のあわいを見つめて』辺見庸



私とマリオ・ジャコメッリ―「生」と「死」のあわいを見つめて

 孤高の写真家をめぐり静かに深まりゆく作家の言葉−断想。NHK新日曜日美術館「私の愛する写真家」(08年5月25日放送)をもとにした詩的映像論。生と死の思索。マリオ・ジャコメッリの代表作の他、辺見庸未発表詩篇も収載。

主な目次


第一章 白は虚無、黒は傷跡
  スカンノの少年
  心と躰に刺青を彫りこまれる
 「想像への入口」としてのモノクローム
  あらかじめ詩人である男が見る異界

       
第二章 「時間」との永遠の戦い
 「時間の強制」からの離脱
  識閾から見る風景
  世界はそこに実在するのか
          

第三章 生に依存した死、死に依存した生
  死にゆく者の側から撮られた風景
 「死」とむきあう空間のにおい
 〈見ること〉と〈見られること〉
 「死ぬのもむずかしいのよ」


第四章 資本、メディア、そして意識
 「無意識」に入りこむ資本
  映像と資本の腐れ縁
  資本はジャコメッリさえもとりこむ
  倒錯した状況のなかで


第五章 解かれなければならない「謎」、解いてはならない「謎」 
  謎と自由
  表現者はいかにして資本と権力から自由でありえるか
  ジャコメッリという人間の手ごたえ
  帰結のむこうにはじまりがある