ジョシュア・キー


 1冊挫折。


 挫折48『イラク 米軍脱走兵、真実の告発』ジョシュア・キー/井手真也訳(合同出版、2008年)/まず、合同出版がまだあったことに驚いた。いや、ホントの話。本書は、ダウド・ハリと全く同じ印象を受けた。米兵が生首でサッカーに興じる件(くだり)まで辿り着けなかったのが残念。50ページほどで挫ける。