高橋裕史


 1冊挫折。


 挫折21『イエズス会の世界戦略高橋裕史〈たかはし・ひろふみ〉(講談社選書メチエ、2006年)/52ページで挫ける。面白くなかった。実にもったいないテーマである。フランシスコ・ザビエルの時代(16世紀)からイエズス会には人種差別的要素が強かったことが確認できた。構成が悪いため、物語として描けていない印象を受けた。