礒山雅


 1冊読了。


 1冊目『J・S・バッハ』礒山雅(いそやま・ただし)/私が聴くクラシックはバッハの『マタイ受難曲』だけである。仕事中にも流している。本書は、うってつけのバッハ入門である。バッハの人となり、バッハが生きた時代、音楽性の潮流まで知ることができる。よくぞ、新書にここまで盛り込んでくれたものだと感心する。バッハは聴衆にではなく、神に向かって音楽を放っていた。そのうち、『ヨハン受難曲』も聴いてみることにしよう。