竹村牧男


 1冊読了。


仏教は本当に意味があるのか』竹村牧男/大乗仏教が「文学運動の中で自覚された仏を積極的に語った」とする試論が斬新。また、初期経典である『スッタニパータ』に大乗の萌芽が見られるという視点も実に興味深いもの。そこそこ面白いのだが、著者自身の悟りがあまり感じられない。研究である以上、理を一つ一つ積み重ねてゆくのは当然であるが、悟性で勝負するところに“宗教の哲学性”があると私は考える。また、ルビが少ないので初心者には不向き。大東出版社はあまり親切じゃないね。