軽犯罪法違反:天皇家批判の映画ポスター張った監督逮捕

 天皇家を批判する映画の宣伝ポスターを許可なく張ったとして、警視庁公安部は11日、住所不定、映画監督、渡辺文樹容疑者(55)を軽犯罪法違反(張り札行為)容疑で現行犯逮捕した。一緒に作業をしていた30代の女性も同容疑で書類送検する方針。
 調べでは、渡辺容疑者は11日午前4時10分ごろ、東京都江東区亀戸4の街路灯に、「現天皇昭和天皇の子供ではない」などと訴える自作の映画「天皇伝説」の宣伝ポスター数枚を張った疑い。今月に入り、同様のポスターを都内で約100枚張っており、警戒中の捜査員に逮捕された。
 渡辺容疑者は90年、カンヌ国際映画祭にも出品した「島国根性」で、日本映画監督協会新人賞(奨励賞)を受賞した。天皇制に反対するテロリストを描いた「腹腹時計」などの作品がある。


毎日新聞 2008-09-11


天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラズ」(大日本帝国憲法第3条)ということなのか? 「張り札行為」で摘発するなら、不動産屋とパチンコ店が先だろうよ。かような取り締まりを天皇家は望んでいないことだろう。