フィリップ・ゴーレイヴィッチ、三井誠、マーカス・バッキンガム&カート・コフマン


 2冊読了、1冊中断。


まず、ルールを破れ すぐれたマネジャーはここが違う』マーカス・バッキンガム&カート・コフマン/私が読んできたビジネス書の中では三本指に入る。中断したのは、内容が濃過ぎるため(笑)。時間の余裕がないと読み込めない。それほど咀嚼力が試される内容だ。米国の調査機関ギャラップが、8万人のマネジャーと100万人の従業員から聞き取り調査。傑出したマネジャーの共通点を探る。プラグマティズムの鑑といった趣がある。


人類進化の700万年 書き換えられる「ヒトの起源」』三井誠/内容は面白いんだが、文章が面白くない。小中学生向けの新聞記事みたいな顔の見えない文章だ。多分、意図的にそうしたのだろう。それでも目配りが行き届いていて、好感が持てる。


ジェノサイドの丘 ルワンダ虐殺の隠された真実フィリップ・ゴーレイヴィッチ/初めの内はとっつきにくい。テーマがぶれているためだ。それでも独白ものと比べると、貴重な事実が数多く記されている。ルワンダ大虐殺のアウトラインを知るためには必読。『ホテル・ルワンダ』の主人公ポール・ルセサバギナの豊富な証言も紹介されている。