書評の方法を探る


〉こと山村修の文章を読んで改めて思ったのだが、やはり私にとって書評は荷が重過ぎる。元々、得意なスポーツは瞬発力・敏捷性で勝負する球技に限られており、性格も直情径行で短気を絵に描いたようなところがある。これが読書になると、全体観に立った主張よりも部分的な文章に執着する羽目となる。つまり、私の書評の結論を要約すれば、「四の五の言わずに、この一文を味わえ」ということになる。


 そこで、今後の書評については、「テキストを引用した雑文」スタイルにしようと思う。その方が断然、楽チンである。あらすじを辿ったり、紹介する必要もなくなる。本の中から立ち上がってくる活字を抜き出し、私に見えた「光と陰影」を綴ってゆきたいと考えている。


 カテゴリーは「本末点灯」「自由本放」のいずれかにする予定である。