日の丸を呪ってみる

 ワールド・ベースボール・クラシックは見事、王ジャパンが優勝した。失点率というルールに助けられ、誰もが予想だにしなかった結果となった。


 私も個人的には大変嬉しいし、喜ばしいことだと思う。しかし、ここで一石を投じたい。


 これは、どんな競技にしても同様だが、私は各国が対抗する世界大会が、どうしても好きになれない。オリンピックも然り。その最大の理由は、「応援する自由」が奪われてしまうからだ。日本人であれば、どうしたって日本を応援せざるを得ない。意識するとせざるとに関わらず、国家に従属させられてしまう。


 WBCのアジア予選で、韓国が日本に勝って大喜びをしている姿を見ると、何だか、太平洋戦争の仕返しをされたような心地になってくる。反対に、準決勝で日本が韓国を退けると、「ざまあ、みやがれ!」と快哉を挙げてしまう。


 自分の中で、どうすることもできない民族性がムクムクと頭をもたげ、国威発揚の御旗(みはた)に巻き込まれてしまう。これが嫌なのだ。


 これを打開する方法は一つしかない。五大陸別オールスター戦だ。通訳が大変だとは思うが、国別対抗よりは断然いい。東洋vs西洋でも構わない。そうすりゃ、国家主義の餌食となることを避けられると思うがいかが?