海賊リスクにかかるコスト

 とはいえ、保険会社が注目するには十分な金額だ。海賊行為が多発するようになる以前は、戦争のリスク(戦時下は海賊が減少する)や、誘拐、身代金などについて英ロイズなど海上保険業者が顧客から保険料を徴収できる理由は(確率が低すぎて)見あたらなかった。だが現在、船会社は自社の船舶が襲撃される約1%の可能性に備えて、年間およそ4億ドルの支払いを余儀なくされている(ソマリア沖を航行する年間2万隻のうちざっと200隻が襲撃を受ける)。つまり一度の航海につき、平均2万ドルの保険料コストが余分にかかっているということだ。


Forbes 2010-04-15