チェチェンの伝統「血の報復の掟」/『国家の崩壊』佐藤優、宮崎学


 チェチェン人の男は必ず復讐を果たすという――

 それから、チェチェンには、独特の「血の報復の掟」があるんです。チェチェンでは、子どもが生まれると、男の子だけですが、7代前までの名前を全部暗記させるんです。それから、どこで生まれてどこで死んだということも全部暗記させるんです。そして、もし祖先の7代までのうちに殺された人がいたら、誰に殺されたかも同時に暗記させるんです。それで、殺した奴の7代前まで報復をしなければいけないのです。殺した方の家の男系7代に渡ってそれは続くんです。そういう「血の報復の掟」があります。これは今でも厳しく守られています。仇討ちの旅に出なければならないんです。そうじゃないと一族が許してくれない。
 一見すると、これは大変乱暴なように見えるんですが、実はコーカサス地域は、この掟があるから、安定していたんです。チェチェン人というのは、どんなにカーッとしても、絶対に相手を殺さない。殺すと「血の報復の掟」が作用するからです。7代に渡って逃げ回らなければならない。だから、これは殺し合いの抑止要因になると同時に、万一そういったことが起きても、部族間の永続的な戦争にはならないんです。7代で終わりますから。
 ですから、チェチェンで戦っているロシア兵は覆面をしています。どうしてかというと、チェチェン人にとってはロシア軍一般が悪いということにならないで、このロシア兵が殺った、だから、こいつに復讐してやる、ということになるんです。殺されたチェチェン人の一族は、殺ったロシア人の一族を調べて必ず報復する。7代まで復讐する。そういうことになるからです。ですからロシア兵は顔を特定されないように覆面をしているんです。


【『国家の崩壊』佐藤優宮崎学(にんげん出版、2006年)】


 田中宇によると、ソルジェニーツィンの『収容所群島』にも記されているとのこと。

 どうやら、グルカ兵の次に怖いのはチェチェン人のようだ。確か船戸与一の作品に書かれていたと記憶しているが、グルカ族は来客が宿泊する場合、自分の娘を同じ部屋に寝させる。これは主人が客を絶対的に信用していることを示すもので、万が一娘に手をつけた場合、世界の果てに逃げようとも必ず殺される運命となる。100パーセント確実に。


 仇(あだ)を討たねば、恨みは晴れない。これは人間という動物に課された、どうしようもない“物語性”である。正義を自らの手によって遂行しなければ、「自分の世界」(=先祖、家族、コミュニティ、社会)が崩壊してしまう。


 それにしても、ロシア兵ですら顔を隠すというのは凄い。「掟」が完全に「法」と化している証拠であろう。紙に書かれた法律なんかよりも、はるかに力がある。


国家の崩壊 (角川文庫)

スペイン人はコカの葉を与えてインディアンを労働に駆り立てた/『チェ・ゲバラ伝』三好徹


 侵略する側は、侵略される側を“人間”とは見なさない。そうでなければ、侵略などできるはずがないのだ。帝国主義植民地主義は“暴力という名の鎧(よろい)”を身にまとっている。


 中南米の大半はスペインの植民地だった。なぜなら、コロンブスがスペイン野郎であったためだ。現在でも多くの国の公用語スペイン語となっている。

 ラパス(※ボリビア)の市街は、高度3800メートルの高地にあり、周囲を不毛の山肌に囲まれている。貧しいインディオたちはその山肌に泥土をぬりかためた小屋をつくり、同じような色の皮膚をもっている。それは長い年月の間コカの葉を煎(せん)じて飲んできたためだった。コカはいうまでもなく、コカインの原料である。16世紀にこの地を征服したスペインの侵略者たちは、このコカの葉をインディオにあたえて、銀山や銅山の労働にかりたてた。コカの葉を煎じて飲めば、飢えも疲れも忘れ、夢幻の境にさ迷うことが可能なのであった。


【『チェ・ゲバラ伝』三好徹(文藝春秋、1971年)】


 ヨーロッパの連中はこういうことを平然とできるのだ。多分、有色人種のことを虫けら程度にしか思っていないのだろう。歴史は単なる過去の出来事ではない。必ず世代を通して受け継がれてゆく。よきにつけ悪しきにつけ、それが“文化”というものだ。


 この世界をキリスト教と白人と欧米が牛耳っている限り、明るい未来はないと私は考える。単純に書いてしまうと頑迷に見えるだろうが、決してそんなレベルで言っているわけではない。歴史と現実を知れば知るほど、欧米人の差別意識が浮かび上がってくるのだ。


 我々は「先進国ボケ」してはならない。強くそう思う。


チェ・ゲバラ伝