2011-03-25から1日間の記事一覧

“TSUNAMI” 失敗は伝わらない

あと知恵バイアス

物事が起きてからそれが予測可能だったと考える傾向。心理学実験では、事象の予測が当たった場合に被験者は発生前よりも予測が強かったと記憶する傾向があることがわかっている。 【Wikipedia】

現場に踏みとどまる原発作業員に「死の危険」 仏専門家が増援呼び掛け

福島第1原発の事故で、フランス・パリ大学のポール・ジョバン准教授(日本社会学)は24日付ルモンド紙のインタビューで、強い放射線にさらされながら事故現場に踏みとどまり、電源復旧などに取り組む作業員らに「死の危険」が迫っているとして、交代要員の派…

緊急報告「福島原発で何が起きているのか」広河隆一、広瀬隆

原発導入のシナリオ 冷戦下の対日原子力戦略

原子力発電を推進した元凶としての中曽根康弘と正力松太郎 原子力発電と正力松太郎、読売新聞、米CIAをめぐる裏面史 近代日本と欧米諸国(3)メディア 近代日本と欧米諸国(4)原子力発電 正力の原子力導入推進キャンペーンとCIAの心理戦 CIA局員の表向きの…

『災害ユートピア なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか』レベッカ・ソルニット/高月園子訳(亜紀書房、2010年)

不幸のどん底にありながら、人は困っている人に手を差し伸べる。人々は喜々として自分のやれることに精を出す。見ず知らずの人間に食事や寝場所を与える。知らぬ間に話し合いのフォーラムができる……。なぜその“楽園”が日常に生かされることはないのか? 大爆…