2010-10-13から1日間の記事一覧

小林多喜二が生まれた日

今日は小林多喜二が生まれた日(1903年)。築地警察署で3時間の拷問の末に死亡。左右の太ももは多量の内出血ですっかり色が変わり、大きく膨れ上がり、背中一面に痛々しい傷痕。手首にはきつく縛り上げられてできた縄の痕。首にも深い細長の縄の痕。左のコメ…

目をえぐり取られ、耳をそがれ、手足や性器を切断されたチェチェン人の遺体

『そうだったのか! 現代史』池上彰 ソ連がアフガニスタンを侵攻するようにアメリカが誘導した 目をえぐり取られ、耳をそがれ、手足や性器を切断されたチェチェン人の遺体 湾岸戦争では800トンに上る劣化ウラン弾が使用された 武装集団の多くは女性でした。…

フィールズ賞は40歳未満が対象

ご存じの読者も多いと思いますが、フィールズ賞には、「受賞者は40歳未満の“若い”数学者にかぎる」という年齢制限が、不文律としてついているのです。 【『新装版 数学・まだこんなことがわからない 難問から見た現代数学入門』吉永良正(講談社ブルーバック…

「12号室」SION

SIONの幼い頃の実体験が歌詞の元になっているとのこと。彼自身に小児麻痺があり、施設に入っていた時期があるようだ。世界に対する違和感。そこに芽生える狂気。孤独と孤独とが触れ合う様。社会から排除された者にしかわからぬ優しさ。汚れなき魂の彷徨(ほ…

『戦略の格言 戦略家のための40の議論』コリン・グレイ/奥山真司訳(芙蓉書房出版、2009年)

“現代の三大戦略思想家”といわれるコリン・グレイ教授が西洋の軍事戦略論のエッセンスを簡潔にまとめた話題の書。戦争の本質、戦争と平和の関係、戦略の実行、軍事力と戦闘、世界政治の本質、歴史と未来など40の格言を使ってわかりやすく解説。

ネズミや昆虫をリモコンで操作

WIRED VISION 『進化しすぎた脳 中高生と語る〔大脳生理学〕の最前線』池谷裕二

日清戦争に反対した勝海舟/『氷川清話』勝海舟:江藤淳、松浦玲編

青春時代の15年間を私は江東区の亀戸で過ごした。道産子ではあったが、生来の口の悪さもあって下町の水がよく合った。近所のおじさんやおばさんにも随分とお世話になった。東京の下町にはまだ人情の灯(ひ)がともっていた。 歴史上の人物で私が唯一親近感を…