2009-11-26から1日間の記事一覧

手段と目的

世界中の教育は失敗した 手段と目的 理想を否定せよ 創造的少数者=アウトサイダー 公教育は災いである 日本に宗教は必要ですか? 目的は手段の中にある 間違った手段はけっして正しい目的をもたらすことはできません。目的は手段の中にあるからです。 【『…

知覚の無限

戦地で活字に飢える 近藤道生と木村久夫 知覚の無限 酔生夢死 吸う一息の息、吐く一息の息、喰う一匙(ひとさじ)の飯、これら一つ一つの凡(すべ)てが今の私に取っては現世への触感である。昨日は一人、今日は二人と絞首台の露と消えて行く。やがて数日の…

「神の銀行」、巨額の資金洗浄疑惑 伊当局が本格捜査へ

【ローマ】イタリア司法当局は、ローマ法王庁(バチカン)の財政を握る宗教事業協会(IOR、通称バチカン銀行)がイタリアの民間銀行を通じて巨額の資金洗浄を行っていた疑いがあるとみて、本格的に捜査に乗り出すことを決めた。ANSA通信などが伝えた。 「神…

新装版で復刊 『狙われたキツネ』ヘルタ・ミュラー/山本浩司訳(三修社、2009年)

2009年ノーベル文学賞受賞作家ヘルタ・ミュラー氏唯一の邦訳。チャウシェスク独裁政権下のルーマニアを舞台に家宅侵入、尾行、盗聴。つきまとう秘密警察の影に怯える日々。そうしたなかで、ひとりの女が愛にすべてを賭ける。しかしそれは、親友との友情を引…

クリシュナムルティの会

クリシュナムルティの『学校への手紙』(UNIO、1997年)を検索したところ、「Noosphere BLOG」を見つけ、そこから大野純一のテキストへジャンプし、コラムのトップページから「クリシュナムルティの会」があることを知った。タイミングが合えば、足を運んで…