2009-07-20から1日間の記事一覧

『どうして郵貯がいけないの 金融と地球環境』グループKIKI(北斗出版、1993年)

どうして郵貯がいけないの 金融と地球環境 日本の市民運動の古典的名著 環境問題をはじめ、各種の市民運動や住民運動をしている人々に出会い、北斗出版の名前を出すと、「ああ、『どうして郵貯がいけないの』を出した出版社ですね」といまだにいわれることが…

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL II 1000万画素

新製品「GR DIGITAL II」は、「GR DIGITAL」で追求した、周辺部までの優れた解像力、低ノイズ、低色収差を実現した「高画質コンパクトカメラ」というコンセプトを継承した上で、さらに画質、表現力、操作性、拡張性を高めたものです。また、カメラにこだわり…

郵貯・簡保・厚生年金で戦費調達/『「お金」崩壊』青木秀和

歴史を動かしているのは何か? 人の心だ。人と言ったって万人を指すわけではない。もちろん権力者である。では、権力者の心を動かすのは何か? 金だ。金に決まっているよ。 歴史というものは、経済で読み解くと非常にわかりやすい構図となる。どこからどこへ…

実際の死

死は人間にとって重大事件であるように幼い頃から教育されて来たけれど、実際の死は、生きることよりずっと簡単なものに思えた。 【『恍惚の人』有吉佐和子(新潮社、1972年/新潮文庫、1982年)】 有吉佐和子

「共感のうた」みちゃこ

モンスターエンジン・西森の「鉄工所ラップ 4」で、さわりが挿入されていた歌。探したことを後悔するほど酷い代物であったが、これをヒャダイン氏が見事にアレンジしていた。それでもやはり、共感できない。