2009-07-19から1日間の記事一覧

オシムが背負う十字架/『オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える』木村元彦

スポーツ選手や職人の言葉が胸を打つのは、思考に身体性が伴っているためであろう。そう。人生とは“行為”なのだ。時に学者の言葉が軽く感じられるのは、私の人生とは無縁な能書きに過ぎないからだ。 イビツァ・オシム。身長191cmの偉容。猫背なのは知性が重…

50万ヒット

本日達成。駄文を読んで下さる物好きな皆さんに感謝(笑)。

『株式実戦論』木佐森吉太郎(河出書房、1953年)

株式実戦論

『天才スマリヤンのパラドックス人生 ゲーデルもピアノもマジックもチェスもジョークも』レイモンド・スマリヤン/高橋昌一郎訳(講談社、2004年)

哲学者・論理学者・数学者・音楽家・手品師・ユーモア作家 そしてパズル作家の融合した唯一の人物が語る笑える自伝。脳を刺激する論理パズル33問付き。 男の一人が、私に尋ねた。「あなたの絶対音感の感覚はどのくらい正確なんですか?」。奇妙なことに、な…

『巨匠が解く日本経済の難問』日本経済新聞社編(日経ビジネス人文庫、2003年)

日本が直面する難問と、経済学の流れを創った巨匠が格闘した問題には多くの共通点がある――「需要創造と構造改革」「不況対策と技術革新」「個人の能力と賃金」など今の日本の学者が現状打破のヒントを抜き出し、平易に解説。“喰わず嫌い”にこそ最適な経済学…

「日本の“原爆歴史観”を問う」

出演しているのは宮崎哲哉、大谷昭宏、橋下徹の三氏。大谷昭宏が議論をなし崩しにしている。ネット上の掲示板でよく見掛けるタイプだ。“悪しきリベラリズム”を感じてならない。 原爆

今日の夕焼け

買い物帰りに、車中からかみさんの携帯電話で撮影。