2009-05-17から1日間の記事一覧

海老沢泰久著『青い空』が文庫化

江戸時代、キリシタンは改宗しても幕府の監視下にあった。幕末に生きる主人公・宇源太も五代前の祖先が信者だったため、監視を受け、苛酷な生活を強いられていた。友人が殺されその敵討ちを果たした宇源太は、村を出て江戸へ向う。江戸で剣術を学び、尊敬で…

運とは流れ/『運に選ばれる人 選ばれない人』桜井章一

運命なんぞにはとんと興味のない私だが、20年間無敗の雀鬼が語る「運」には耳を傾けざるを得ない何かがある。「運」というよりは「流れ」であり、「変化」を敏感に感じ取り、つかまえることが大切であると桜井章一は説いている―― 運命を変えるには単に信念を…

吉田洋一、ゲーテ、小林秀雄、関岡正弘

1冊挫折、3冊読了。 挫折29『零の発見 数学の生い立ち』吉田洋一(岩波新書、1939年)/札幌へ行く際、携えていった。文章が読みにくい上、展開が遅い。98ページで挫ける。50ページまでは面白かった。 62冊目『ゲーテ格言集』ゲーテ/高橋健二編訳(新潮文庫…