2009-03-02から1日間の記事一覧

宗教とは「聖なるもの」と「俗なるもの」との相違を意識した合目的的な行為/『はじめてのインド哲学』立川武蔵

忙しくて書く時間がない。「忙=心を亡くす」――ウム、わかっている。わかっていながら忙しさにかまけているということは、2乗の加速度をつけて心が亡んでいるのだろう。今は5日の早朝だ。 現世拒否的態度の緩和とならんで、タントリズムの特性として、儀礼の…

ガンディーは不可触民制撲滅運動を起こしていない/『不可触民の父 アンベードカルの生涯』ダナンジャイ・キール

「会議派」とはインド国民会議のこと。第一次世界大戦後、ガンディーが主導権を握り、ネルーが後に続いた。ガンディーは政治家だった。 Wikipedia 会議派について、アンベードカルは、「会議派は不可触民の廃止を党員に義務付けていない。ガンディーは不可触…

嚥下障害者への食事介助は最も危険な医療行為

リハ医の独白

「オオカミ狩り」ウラジミール・ヴィソツキー

だみ声シリーズ、その三。タイトルは多分合っているだろう。CD『大地の歌』は持っているのだが、確認していない。ヴィソツキーのナンバーは新井英一が何曲かカバーしている。 ウラジミール・ヴィソツキー