2001-05-24から1日間の記事一覧

『酒、男、また女の話』池田彌三郎

エロではなく、色という奥床しさ 艶っぽい話が多数出てくる。それもそのはず前半は題して「西鶴十話」。男女のいかがわしい話しが大半なのだが、なんとも言い難い趣がある。あっさりとした軽妙さといおうか、離れた位置で嗤(わら)っているような醒めた視線…